読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろとりどりを想う

関ジャニ∞考。ほか。

なぜ担降りしなかったのか。

先日のブログ更新後のアクセス数が結構多くて、もしかして…ジャニヲタ 担降り ブログ とかで検索していらした方結構いる感じですかね???

 

ごめんなさい、担降りしてなくて

 

ただ、私もなぜあの時担降りしなかったのか、と思うような出来事はあったのです。

 

と、いうことで。

なぜ私は担降りしなかったのか

を思い返してみようと思います。

 

そして、またもや関ジャニ∞の話ではないのでご了承くださいませ。

いつかこの話を自分の中で消化して書きたくて、もうひとりの自担グループを明かしていませんでした。

ただ、不快に思われる方もいると思いますので、読み進められる方はご了承くださいませ。

 

 

突然ですが、

自担、自担グループに失望した経験はありますか?

––––私はあります。

 

失望なんてもんじゃありませんでした。

その出来事はもう5年以上前の話になりますが、今でもそのことを思い返すと、当時の悲しみも怒りも思い出せます。

 

内容については伏せますが*1、グループ全体の問題でした。

わたしにとっては、誰か一人の問題でもなく、自担は悪くない、なんて話でもなく、事務所のせいでもスタッフのせいでもない、そんな出来事でした。

わたしにとっては、です。

今でもこの出来事を記憶しているファンはいるとは思います*2が、当時大きな「問題」として扱われはしませんでした。なんなら、「問題」としても扱われなかったのです。

 

人によって、どうしても許せないラインってあるかと思うのですが、その出来事はわたしの許せないラインは完全にこえていました。

その時点でかなり怒っていたし、失望していたわけなんですが、同時にファンの「そのラインへの無関心さ」に対しても怒りが湧いていました。

自分勝手と言われれば、そうかもしれません。ですが、「そのライン」はわたしにとって「倫理的にアウトなライン」だったのです。

自分が倫理的なアウトだと感じることを堂々と行う自担と自担グループ。それを悪とせず、否定せず、ただただ肯定する、場合によっては賞賛するファンの姿にも嫌気がさしていました。

 

 

今更ですが、内容もグループも伏せているので、すごくわかりづらいですね。

(グループ名を出したところで、出来事に思い当たる人はいない気はするのですが、関ジャニ∞のファンであることを明示して他Gを意図的に下げることは言いたくないので伏せさせてください。)

内容をあかしてしまえば、わかりやすいのですが、わたしの表現だと偏るし、あの時と今では感じ方も違うと思うし、()内の理由もあるので、わかりづらいままでご了承ください…。

 

話は戻りますが…

当時のわたしは、自担やメンバーが自分が望む姿と合わなくて失望したというよりは、自分が絶対に望まない姿と合って失望したという感じでした。

自分の思ったことを発信したりもしましたが、全く同意は得られませんでした。同志でもあるはずのファンともわかりあえず、自分の怒りのやり場も失った私は、強い怒りと失望を抱えたまま、しばらくメンバーの出るテレビや音楽をすべてシャットダウンしていました。

 

今でも、そのときのことを思い起こすようなことは嫌です。

でも、わたしは思い通りにならない自担やメンバーに怒ったりするタイプではないのです。物分かりのいい、飼いならされたジャニヲタです。〜〜だからしょうがないとかもいいます。

それでもすごく怒っていました。

今でもあのとき自分がどうしてあそこまで怒ったのか、説明はできるつもりです*3

 

では、なぜ担降りしなかったのか。

わたしもわかりません。

意地とかそういうのももちろんあると思います。

そして、怒りすぎてタイミングを逃した、というのもある気がしています。

あんなに怒っていなければ、もっとスッと冷めてそのまま降りていたかもしれません。

好きの反対は無関心、と言いますが、無関心を通り過ぎてものすごいエネルギーで負の感情を持った結果、降りるに至らなかったのかもしれません。

そして、もちろんメンバーのこと、自担のことが好きだったからということは、言うまでもありません。

 

今でもその出来事は思い出したくもないことですが、グループや自担に対しての強烈な負の感情はもうありません。

自担は好きです。自担グループも好きです。

でも、絶大な信頼をおくことはもう難しいかもしれません。ファンに媚びろなんて言わないし、ていうかファンが気にしなかったラインの話だけど、わたしが気にせずにできるラインの話じゃなかったわけで…どうしたらよかったのかなんてわかりませんが…。

 

まあこんなこと書きましたが、実はあのとき、降りるという選択肢は自分の中にほぼありませんでした。

なのですべて、今思えば、ということにしかならないのですが。

あのとき、降りなくてよかったと思っていますし、今は楽しくジャニヲタできているのでほんとよかったです。

あんな思いせずにジャニヲタできるなら、そりゃあそれが一番ですけど!!!

 

いつか同じ熱量でこのことを語り合える人に出会いたいような、出会いたくないような、そんな気持ちです(笑)

 

熱愛とかでなく、自担もしくは、自担含むメンバーに、めっちゃ怒って担降りした経験のある方いたらぜひ聞かせてください!

熱愛で降りる方とか、自担以外のメンバーに怒ってみたいな話は聞いたことある気もしますが、自担もしくは自担含むメンバーに怒って、失望して降りる方って、あまりお見かけしない気がするのですが、どうなんでしょう?

いらしたらぜひ。

 

 

ではでは。

 

 

 

*1:ちなみに熱愛など含め、プライベートの話ではありません。

*2:ファンの友人によると「そんなことあったな、ってかんじ」なのでたぶん当時もみんなそんな感じだったのかと。

*3:うまくできるかは置いておいて