読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろとりどりを想う

関ジャニ∞考。ほか。

エイタメの総括をしたい。

こんにちは。

総括前ブログを散々長く書いておいて、まだ総括!!って感じですが、「うーん」と思った要素をまとめておきたかったのです。ネガティブな話が長くなってしまい、失礼しました。

 

さて、2016-2017の関ジャニ∞'sエイターテインメント。楽しかったですね!!

散々言っておいてアレですが、楽しかったんです。

やっぱり関ジャニ∞最高じゃないですか!

歌って踊って演奏して話してコントして芸(?)して…。

 

総括にあたり、オーラスの話を。

オーラスの大倉くんの挨拶で、今回のツアーでもらったものを返していきたい、2017年の関ジャニ∞に期待していてください!というようなお話があって。そうか、これが2回目のNOROSHIにつながるのか…と思ったんです。はじめのは、ツアーへ狼煙をあげていて、2回目のは2017年に向けて、そしてその後に明らかになる夏ツアーに向けて、だったのか、と。

この言葉だけで、急にこの場面のつながりが良くなってびっくりしました。なんだか、ほんと些細なズレだったんだろうなあ、と。

 

ツアー期間中、だんだん複数公演参加の人が増えていったからか、レンジャーとか、日替わりアコースティックの曲始まりとかで盛り上がりが悪くなっていっていたような気がしていました。日替わりアコースティック、完全にローテーションが決まっていて、予想できてしまったんですよね。日によって選曲の喜ばれ方にばらつきがある、とかそういうのもあるとは思うんですけどね……。何回聴いても嬉しい曲は嬉しいもんね……。

それから、エイトコールに関して、全体的にといえば、それはそうなんですが、特にダブルアンコへのエイトコールの無さ、すごかったですよね。去年からなくなった会場最終日のダブルアンコ。今年は東京最終日もコールが全然起こりませんでした。去年、結構エイトコール巻き起こっていたのに、ダブルアンコがなかったからかとは思うのですが。なんというか、みんなの諦めの良さみたいなのがすごくあってびっくりしました。

 

まあなんというか、今回公演に関して、色々な想いのほんの少しのズレから「うーん」が生まれてしまったのかな、と思っています。

 

でも、これでやっと、全員揃って最後まで駆け抜けることができて、前回の元気が出るLIVEも終わったんだと思います。

(余談ですが、元気コンのツアバ持ってる人多くなかったですか?特に大阪。今年のツアバってこれだっけ?くらいの勢いでびっくりしました。)

今回のツアーは、アルバムがない分、自由にできるというよりも、シングルを活かした(活かすための?)公演、だったんだと思います。たくさん出しましたし。いい曲もたくさんありますし。

 

そして、前回公演のラスト、6人のオーラスに囚われていたという面もあったような気がしています。メンバーもファンも。

わたしも、実はまだ元気コンのDVDの本編を観れていません。すごく大好きで楽しいツアーだったのですが、あのときの衝撃とか悲しさとか心配とか寂しさとか空虚感とか、大倉くんの存在の偉大さとかそういうのをすごく感じたオーラスの映像化。

でも、やっと観れる気がしてきました。

 

それから、今回披露のTokyo holic、オーラスでやっと披露された大阪曲であるタコマイ、そして、次のツアーは大阪がオーラスではなくなります。意図的な変化なのかはわかりませんが。

 

このツアーが今後の関ジャニ∞の狼煙となるツアーとなることを願って。

これからも関ジャニ∞の魅力がきちんと伝わっていきますように。

 

 

 

 何が言いたかったのかよくわからない感じになっていますが、こんな少しのズレで、関ジャニ∞大したことないとか思われたくないよ!!!関ジャニ∞最高だよ!!!!

是非、夏ツアーは小さなサプライズみたいなものも少しずつ混ぜ込んでいってほしいですね!!!!!!!

ドーンとおっきいサプライズでなくてもいいんですよ!!小さな変化とかそんなんヲタク大好きなんでね!!!

 

 

では。

長くなりましたが失礼します。

ありがとうございました。